失敗しないデイサービス開業マニュアル

お薦めのフランチャイズベスト3

総合評価 ★★★★★

詳しくはコチラ

総合評価 ★★★★

詳しくはコチラ

総合評価 ★★★★★

詳しくはコチラ

介護サービス開業のフランチャイズ(FC)ランキング【デイサービス編】

なぜFCで開業するのか

高齢者や高齢者予備世代が増加し、介護サービスの需要がますます増えています。こちらでは介護事業やデイサービスをフランチャイズで開業するメリットについて説明します。

デイサービスを起業する人が増えている

世界で最も少子高齢化が進んだ国といわれる日本。

2013年(平成25年)に65歳以上の高齢者は3,100万人を超え、2042年(平成54年)のピークの高齢者は3,878万人と言われています。

当然、寝たきりや認知症などの介護を必要とする高齢者も急増していますが、国は医療費を抑制するために在宅治療や介護予防を積極的に推進しているので、介護の需要はますます高まっています。

介護事業は今後も拡大を続けていくビジネスであり、世の中のためになるビジネスということからデイサービス施設を開設する人が増えているのです。

異業種から参入したり、まったくの素人でも起業しているケースが多いのも注目すべき点です。

フランチャイズで経営するメリットとは?

介護事業を立ち上げるには、以下のパターンがあります。

1.指定申請から事業運営まで全て自力で行う。

2. 介護事業運営コンサルタントや行政書士・司法書士などの支援で行う。

3. 介護フランチャイズに加盟して開業する。

1.の場合は経験やノウハウが必要で、2.の場合は営業活動や人材募集を自力で行わなければなりません。

しかし、フランチャイズに加盟する3.の場合は指定申請、運営、経営戦略、人材採用までサポートしてもらえるので、何も知らない素人でも起業が可能なのです。

フランチャイズに加盟すると加盟金やロイヤルティを支払う必要があるので損だと考える方もいるかもしれませんが、介護ビジネスの場合は、フランチャイズというネームバリュー以外にも様々な価値あるものをフランチャイズ本部から得ることができるのです。

情報を得られる

介護事業は一般の事業よりも地域に根ざすため、地域の協力機関などとの連携が必要ですが、自力で開業した場合、地域情報の入手や関係機関との連携が難しく、事業が上手くいかないことが多いです。

フランチャイズに加盟すると、定例オーナー会などで加盟店同士の情報交換ができますし、地域のキーマンやケアマネジャーを紹介してもらったり、色々な相談事をしたり、有益な情報を得るなどのメリットがあります。

時間を節約できる

フランチャイズに加盟すると指定申請から運営のノウハウまでサポートを受けられ、フランチャイズのブランドのネームバリューを利用できるため、採用や営業活動も有利になります。

自力で起業する場合、指定申請から事業運営、人材採用、利用者を集めて事業所の認知度を高めていくまでには多くの時間とコストがかかり、失敗する可能性もあります。

安全な経営ができる

リスクを低減し安全な経営をするためには、地域の情報などを入手し、事業を素早く軌道に乗せて黒字化する必要があります。

介護フランチャイズに加盟することは介護ビジネスでは非常に有益な手段なのです。