失敗しないデイサービス開業マニュアル

お薦めのフランチャイズベスト3

総合評価 ★★★★★

詳しくはコチラ

総合評価 ★★★★

詳しくはコチラ

総合評価 ★★★★★

詳しくはコチラ

介護サービス開業のフランチャイズ(FC)ランキング【デイサービス編】

民家型デイサービス

最近はデイサービス施設の中でも民家型デイサービスが増えてきていますが、民家型デイサービスとは、その名の通り民家を利用したデイサービスです。

こちらでは定員、提供サービス、メリット・デメリットなどの民家型デイサービスの特徴について解説します。

民家型デイサービス(通所介護)とは?

デイサービス(通所介護)は、送迎バスでデイサービスセンターに通い、さまざまなレクリエーションや、食事や入浴などの生活援助サービスを受けることができる介護保険サービスで、こもりがちな要介護者が外出して、家族以外の人と交流する機会としても有効なので高い人気があります。

施設には大規模型デイサービス、民家型デイサービス、リハビリ型デイサービスがありますが、民家型デイサービスは、普通の一軒家を使ったデイサービスで、定員は10名以下の施設が多いです。もともとある民家を改造してデイサービ

施設とするので、段差や敷居がありバリアフリーではないところがほとんどですが、トイレやお風呂は改修されている施設が多いです。

親戚や知り合いの家を訪れるような感覚で通うことができ、施設らしさをあまり感じないということで人気があります。

民家型デイサービス起業で考慮すべき点

民家型デイサービス施設での食事はスタッフが料理をする場合が多いですが、配食サービスやお弁当を使っているところもあります。

入浴は一軒家の普通のお風呂を使っているので、マシンを使った機械浴などはありませんが、順番に一人ずつ入浴ができるので、プライバシーを保つことができます。

民家型デイサービスでは、利用者一人に対してのスタッフの配置が厚いので、一人一人に対し個別に対応してくれる場合が多いこと、集団行動に馴染めない方でも利用しやすいなどのメリットがあげられます。

デメリットとしては、利用人数が少ないために、もし苦手な人がいても距離を取りにくいことや、設備が十分整っていないために、利用者の身体状況によっては受入が難しいことがある点などがあげられます。

民家型デイサービスを起業する場合には、この点を良く考える必要があります。