失敗しないデイサービス開業マニュアル

お薦めのフランチャイズベスト3

総合評価 ★★★★★

詳しくはコチラ

総合評価 ★★★★

詳しくはコチラ

総合評価 ★★★★★

詳しくはコチラ

介護サービス開業のフランチャイズ(FC)ランキング【デイサービス編】

HOME » 起業するならばどれ?デイサービスの種類 » リハビリ型デイサービス

リハビリ型デイサービス

ハビリ型デイサービスは、今後もっとも増加が予想されるデイサービスとして、最近注目されています。こちらでは定員、提供サービス、メリット・デメリットなどのリハビリ型デイサービスの特徴について解説します。

リハビリ型デイサービスについて

デイサービスとは、要介護者や要支援者が送迎バスでデイサービス施設などに通い、入浴や食事等の介護をしてもらい、生活上の相談や助言、健康状態確認等の日常生活の世話や機能訓練(予防介護)、レクリエーションなど受ける介護保険によるサービスです。利用者と家族の精神的体力的負担を軽減し、毎日を自分らしく過ごすことができるようサポートしてくれるところです。

デイサービスを受けるにはケアマネージャーによるケアプランの作成が必要です。

デイサービスには大規模型デイサービス、民家型デイサービス、リハビリ型デイサービスがありますが、最近ではリハビリがメインのリハビリ型デイサービスに人気があり、今後ますます利用者が増えると考えられています。

リハビリ型デイサービスとは、シニアフィットネスの要素を取り入れリハビリに特化した新しいスタイルの介護保険を使った通所介護(デイサービス)で、要支援1から要介護5の方がリハビリ専門機器とプログラムを利用し、運動機能の回復を目指してリハビリ運動を実施しています。

介護や補助が必要な利用者が一つでも多くの動きを自身で行えるようになること、自身の仕事や生活を楽しめるようになることが目標です。

リハビリ型デイサービスの起業が増えている理由は?

リハビリ型デイサービス施設では「寝たきりの不安」をなくし「自立した生活と自信の回復」ができるよう、安全かつ無理のないリハビリプログラムが用意されています。

午前だけ、または午後だけの利用が出来、リハビリ中心のプログラムを3~4時間程度行います。

時間が3~4時間なので食事はありませんが、お茶の時間を設けている施設が多いです。また、入浴サービスは実施してないところが多いです。

リハビリ型デイサービスのメリットは、集中的に短時間リハビリのみ行うのでジムに行くような感覚で通えること、リハビリ専門スタッフが常勤で配置されているため専門的なリハビリを受けられること、施設や設備が新しいものが多く介護を受けているという感覚を感じないことなどがあります。

デメリットは長時間利用したい方には対応できない場合が多いこと、リハビリマシンを待たなければならないこともあることなどがあります。

他のデイサービスと違い、リハビリ型デイサービスは本人のやる気を促して、確かな変化・成果を更なる目標につなぐことができるので、本人から行きたいと望むというのが大きな特徴です。

今まで受け身姿勢が多く、利用者が家族に促されて嫌々通っているというケースも多かったデイサービスですが、これからの主流はリハビリ型デイサービスになると確信し起業する方が増えているというのも納得できますね。