失敗しないデイサービス開業マニュアル

お薦めのフランチャイズベスト3

総合評価 ★★★★★

詳しくはコチラ

総合評価 ★★★★

詳しくはコチラ

総合評価 ★★★★★

詳しくはコチラ

介護サービス開業のフランチャイズ(FC)ランキング【デイサービス編】

HOME » デイサービスが開業できる介護FC20選 » リハプライド(リハコンテンツ)

リハプライド(リハコンテンツ)

リハコンテンツのリハプライド(旧レッツ倶楽部)はシニアフィットネスの要素を取り入れリハビリに特化した新しいスタイルの通所介護(デイサービス)施設です。

要支援1から要介護5の方が、介護保険を使って運動機能の回復を目指してリハビリ専門の機器とプログラムを利用してリハビリ運動を実施、一つでも多くの動きをご自身で行えるようになること、ご自身の仕事や生活を楽しめるようになることを目標としています。

こちらではリハビリ型デイサービス リハプライド(リハコンテンツ)のフランチャイズの特徴、開業資金例、収支例、オーナーの声、運営元情報について掲載します。

リハビリ型デイサービス リハプライド(旧レッツ倶楽部/リハコンテンツ)特徴

リハプライド(旧レッツ倶楽部)【リハコンテンツ株式会社】のホームページ画像

リハコンテンツのリハビリ型デイサービス施設「リハプライド」(旧レッツ倶楽部)は現在、100店舗を超えるフランチャイズ店舗を全国に展開しています。

立ち上げから軌道に乗せるまで、物件の選び方から、金融機関への提出書類、行政への提出書類、集客方法など、すべてをサポートするフランチャイズ展開を行っています。

リハビリ型デイサービスは介護保険で利用できるため利用者の負担も少なく、これからますます需要が高まっていく介護サービスのなかでも、とくに注目のサービス形態です。

リハプライドは医療器具を使った、体の機能改善を図る「パワーリハビリテーション」を行うのが特徴です。

※パワーリハビリテーション
老化や障害などで低下した身体的・心理的活動性を回復させ、自立性の向上と質の高い生活への復帰を目指すリハビリテーションの手法。マシントレーニングを中心とした運動プログラムだが、筋力強化が目的ではなく老化に対するリハビリテーションといえる。

軽負荷マシントレーニングで全身の使っていない筋を動かして動作性・体力の改善、心理的活動性の改善を得る。心臓に与える影響は入浴より軽く運動によるリスクはほとんどない。

開業資金例と収支例

開業資金例
開業資金約1240万円(約30坪、定員25名×2回転の場合)
別途費用:税、リハビリ機器リース代(6台5年)、車両費2台、内外装費、物件取得費、運転資金など

収支例
稼働率90% 月間売上 約540万円 月間営業利益 約300万円

リハプライド(旧レッツ倶楽部)オーナーの声

建設業として40年営業し「地域の方に恩返しが出来る事業」をと、レッツ倶楽部(現リハプライド)をオープンして7か月経ちましたが、当初の予定通り実績も伴ってきています。一番うれしいことは、利用者さんが利用者さんを引っ張ってきてくれる状況が生まれていることです。また、スタッフもやりがいを持ってやってくれていることがとても嬉しいです。(元建設業)

現在経営している接骨院の隣のスペースに将来の事業の安定化を図るため、運動機能回復に特化したデイサービス参入を考えていたところ、リハビリ型デイサービス事業のセミナー開催を知り参加、具体的にどのようなプロセスでやっていくのがわからなかったので、開業支援の指導を依頼し開業しました。利用者さんのリハビリ成果もきっちり出ていて、とても喜ばれています。(接骨院経営)

杖をつかなければ歩けなかったパーキンソン病の方が杖をつかずに歩けるようになったり、喘息の方の肺活量が増えて歩ける距離が長くなったり、腰痛やひざの痛みにも、パワーリハビリの効果が見えています。公立病院の医者だったので経営について何も知らなかったんですが、5月に会社を作って2か月で開業しました。5か月弱で、契約者77となり黒字化達成しました。(内科医師)

運営元情報

  • 会社名:リハコンテンツ株式会社
  • 所在地:千葉県船橋市習志野台2-6-5 高橋ビル2階